Just another WordPress site

未分類

イベントに行こう

現在、茶道はたくさんの人に広まっており、全国の茶室で定期的にお茶会が開かれているのはもちろん、ホテルやイベント会場での茶道イベントが開催されることもしばしばあります。
茶道のイベントではお茶をの点て方、作法を楽しむだけでなく、お茶やお菓子のいただき方などを通じて、茶道で大切にしている「和敬清寂(わけいせいじゃく)」という相手を思いやる気持ち、静かな気持ちで日々を暮らすという日本人の豊かな「こころ」を感じる事が目的とされています。
(続きを読む...)

未分類 | 11月09日更新

挨拶の基本

様々な流派がある茶道ですが「礼に始まり、礼に終わる」という点は全て共通しています。
(続きを読む...)

未分類 | 11月09日更新

茶道の作法

茶道の作法には、座り方や立ち方・お辞儀の仕方・襖の開け方、閉め方・歩き方・床、釜の拝見の仕方・扇子の起き方・お菓子のいただき方・茶のいただき方など、基本動作から専門の動作まで細かく決められています。
流派によって作法は異なりますが、全体の基本的な動きは同じものとなっています。
(続きを読む...)

未分類 | 11月09日更新

教室に行ってみよう

現在、茶道教室は流派によって多数存在しています。
現在ある教室は堅苦しいものは少なく、女性向けでカジュアルに自由に楽しめる所が多いようです。
茶道の立ち居振る舞いを学ぶことで生活の基本となる動作を学ぶ目的もあり、美しい立ち方、座り方、挨拶などの日常生活での作法を身につけることができます。
(続きを読む...)

未分類 | 11月09日更新

検定がある?

茶道には、「茶道文化検定」という検定があります。
価値観が多様化する国際化社会の現代であればこそ、自国の文化を深く広く身につけるべきだという考えのもと実施されている検定で、茶道文化の知識を体系的に学ぶものであり、点前に関する問題はなく、茶道の知識のみを必要とする検定試験となっています。
(続きを読む...)

未分類 | 11月09日更新

有名な茶人

茶人の中で最も有名であるのは、わび茶を完成させ、茶聖とも称されている「千利休」であるとされています。
千利休は天下三宗匠の一人であり、他には武野紹鴎の弟子であり千利休と同門の「今井宗久」、豊臣秀吉にも信頼を得て茶湯者八人衆の一人として数えられた「津田宗及」がいます。
(続きを読む...)

未分類 | 11月09日更新

流派を知ろう

茶道にはものすごく多くの流派があり、現在ある流派のほとんどは千利休に影響を受けたものとなっています。
(続きを読む...)

未分類 | 11月09日更新

茶道の歴史

日本での茶の歴史をさかのぼると、平安時代に唐に行っていた遣唐使が持ち帰ってきたのがはじまりとされています。
しかし当時は茶を飲む文化は根付かずに廃れてしまい、しばらくは日本に広まらずにいました。
それからしばらくして、鎌倉時代に薬として抹茶が日本に持ち込まれた際に、茶の栽培と共に茶を飲む習慣が普及することになりました。
(続きを読む...)

未分類 | 11月09日更新

まずはここから茶道具

茶道では、たくさんの茶道具が使われます。
お茶を点てるのに必要なものから、作法として必要な物まであるので、最初は覚えるのに苦労するかもしれません。
(続きを読む...)

未分類 | 11月09日更新

茶道を始めてみよう

茶道とは、日本伝統の湯を沸かし、茶を点て、茶を振る舞う行為、またその様式と芸道のことを言います。
もともとはわび茶とも言われる文化であり、わび茶は武野紹鴎の弟子である「千利休」によって、安土桃山時代に完成することになりました。
(続きを読む...)

未分類 | 11月09日更新